今おすすめの投資とは?

日本円

投資とは、主に経済で、将来性がある企業・会社などに資本(生産能力・基本的には金)を増やすために、今ある資本(金)を投じる活動をいいます。

この行動には、どんなことでも(形態でも)一定のリスクが伴います。
また、そのリスクも変動します。
もし、高い賭けをするなら、成功すれば高い儲けになるし、失敗すれば大きな損失になります。(ハイリスク・ハイリターン)
投資では、自分の収入や資産と、リスクを天秤にかける必要があります。
そうすればおのずと、どれになるかは決まってきます。

基本的には投資信託、不動産投資、国内債券ファンドの3つがあります。

投資信託は、いろいろな人から、販売会社を通して集めた資金を、資産運用の専門職の人が、株・債権・金融資産に分けて、成果を出資した人に返すものです。
この中には、不動産にお金を出す、不動産投資も含まれます。

海外の会社に投資することもできます。
しかしこれは、その国の言葉を話せた方が良いですし、(問題が起こったときに対処するために)本当に正しいことに使われるとも限りません。
海外の会社はかなり、ハイリスクであることがいえます。

そして、国内債券ファンドです。
これが、一番安心で3つの中で安全です。そして一番おすすめです。
なぜなら、相手が国債、地方債、社債といった国内の公的な債券だからです。
また、他と比べ値動きが小さくて、安定しているという特徴もあります。

特に、今は全部預金している(何も投資していない)人におすすめです。
マイナス金利で預金していても増えない。
しかも、減っていくというならせめてそちらの方が良いでしょう。
債券は最初から金利と満期日は決められています。

利息が定期的に支払われ、満期日には元本が返されます。
ただ、リスクもあり発行体が破たんしたときにはお金が帰ってくることがない可能性です。
しかし、国債などといった国が元本を保証してくれるものは安全です。