投資をする時に資本金はいくらあれば良いのかと思う人もいることでしょうが、これは余裕のある範囲であればいくらでも構いません。
投資というのは資本金が多ければ多いほど有利になりますが、だからといって最初から多いのが良いかというとそのような事にはならないのです。
資産のすべてをつぎ込んだからといって、投資で成功をすることが出来るとは限らずむしろ逆に大きな損失を出してしまう恐れのほうが高くなります。
逆にその半分の金額にしておけば、投資をして全てを失ってしまっても資産の半分で済みますから痛手は少なくなります。

身の丈に合っていない金額をつぎ込んでしまうとどうしても、余裕がなくなってしまうので資金が大きい利点がなくなってしまい、逆に損失が大きくなってしまうデメリットの方が大きくなってしまうのです。

近年は投資をするにしても少額から始めることができるものが増えてきて、株であっても10万円以下で買うことが出来る銘柄は数多くありますし、FXは1万円からでも始めることができます。
そのため、資本金というのはいくらあればいいということはなく、出すことができる余裕のある範囲のお金が貯まればすぐに始めても問題ありません。
100万円のお金があって失敗をする人は500万円あっても同じです。
金額が大きくなればなるほど大きく損をするリスクも増えますから投資を始めようという時には逆にあまり大きなお金ではなく、少額から始めたほうがリスクも少なく相場になれることも出来るのでよいでしょう。
それでもあまりに少額であれば投資の幅が狭くなってしまいます。
まずは100万円程度の資本金を用意してそこからその半分を実際に運用するといった余裕のある投資をしてみてはいかがでしょうか。